サイトマップ  社協所在地・地図  お問い合わせ


社協トップページ>本宮市共同募金委員会


本宮市共同募金委員会  本宮市共同募金委員会
 
 
≫「共同募金」について
1.共同募金会・共同募金委員会
 共同募金は都道府県ごとに行われ、都道府県を単位に社会福祉法人である共同募金会が組織されています。そして市町村ごとに共同募金委員会がおかれています。
 共同募金委員会の事務局は社会福祉協議会の事務局が兼務することが多く、本宮市共同募金委員会も本宮市社会福祉協議会に置かれています。
 基本的に各都道府県内で「共同募金」に寄附したお金は、寄附した都道府県内の社会福祉のために使われ、県外や国外に使われることはありません。
 なお、共同募金会に対する寄附金については、株式会社等法人からの寄附金は「全額損金算入」、個人からの寄附金は、所得税および住民税にかかる「寄附金控除の対象」となっております。

2.「赤い羽根」共同募金とは?
 毎年10月1日〜12月31日までの間、主に各市町村の共同募金委員会を経由して自治会や学校、企業で寄附を募っています。この運動は1947年度にスタートし、2016年度に70周年を迎えました。
 募金をすると赤く着色した羽根(材料は鶏の羽)がもらえることから、「赤い羽根」「赤い羽根共同募金」と呼ばれています。この赤い羽根は、アメリカにおいて共同募金の象徴として使われていたものを、日本でも戦後の混乱期に戦災者への募金の象徴として援用したのがはじまりです。
 集められた寄附金は、主に国内の高齢者や障がい者に対する福祉の充実のため、また地域福祉活動の啓発や推進のために使われていますが、最近では、災害支援準備金として、あるいは子育て支援活動に使われることも多くなっています。
 なお、本宮市共同募金委員会では「赤い羽根」の各戸配布は行っておりません。
【募金の流れ】
 市民の皆さまにお寄せいただいた寄附金は、一度「社会福祉法人福島県共同募金会」に集められます。実際に事業に使われるのは翌年度となり、県内の様々な福祉活動などに充てられます。
  →詳しくは「社会福祉法人福島県共同募金会」リンク

3.「歳末たすけあい募金」とは
 各都道府県では12月1日から歳末たすけあい募金として各地域主体で募金活動を行っています。(行なわない所や共同募金と一本化している所もあります。)
 お寄せいただいた寄附金は、歳末時期に行われる福祉活動などに役立てられます。
 なお、中央共同募金会ではNHKと連携して「NHK歳末たすけあい募金」も行っています。
【募金の流れ】
 市民の皆様にお寄せいただいた寄附金は、集めた12月の内に市内での、下記のような様々な福祉活動などに配分されています。12月の活動に充てられなかった寄附金については、一度「社会福祉法人福島県共同募金会」に送られ、翌年度の市内の地域福祉事業に充てられます。

≫共同募金への募金のメリット
 共同募金会は、税制上、国と地方公共団体と同じように、寄附に対する『優遇措置の対象団体』になっています。税制上の優遇措置が講じられているのは、共同募金会の行う事業が社会福祉法によって位置づけられた運動であり、共同募金による助成が社会福祉の増進に貢献していると、社会的評価を得ているためです。
  →詳しくはこちら外部リンク「中央共同募金会」
  URL:http://www.akaihane.or.jp/donate/contribution/index.html


≫福島県での共同募金会配分金事業
本宮市での共同募金の一部は福島県の広域範囲で配分され役立っています。
  →詳しくはこちら外部リンク「福島県共同募金会」
  URL:http://www8.ocn.ne.jp/~akaihane/


≫本宮市での共同募金会配分金事業
1.一般募金配分金事業(「赤い羽根」共同募金の一部)
共同募金会より一般募金配分金を受け、本宮市社会福祉協議会が事業を実施しています。
(1)社協だより「ふれあい」の発行。各戸・企業・学校等へ。
  →社協だより「ふれあい」ダウンロードはこちら
(2)ホームページによる情報提供
  →当サイトは共同募金会より一般募金配分金を受け、運営されています。
(3)コミュニティFM放送「FM.Mot.Com(エフエム・モット・コム)もとみや」での福祉情報の発信
  →外部リンク URL:http://www.fm-mot.com
(4)一人暮らし高齢者花見の集い
(5)ふれあい芋煮会(会食型給食サービス)
  →「給食サービス」について、詳しくはこちら
(6)ふれあい型給食サービス(配食型給食サービス)
  →「給食サービス」について、詳しくはこちら
(7)福祉団体への助成
 市内の福祉活動を目的とした団体、及び福祉活動も行う団体へ活動費の助成を行っています。
(8)福祉教育の推進
 各学校の依頼をうけ、福祉教育プログラムを作成、福祉に関する授業をお手伝いしています。
 
2.歳末募金配分金事業(「歳末たすけあい募金」より)
共同募金会より歳末募金配分金を受け、本宮市社会福祉協議会が事業を実施しています。
(1)歳末たすけあい助成金
「みんなでささえあうあったかい地域づくり」をスローガンに、皆さんからご協力いただいた「歳末たすけあい募金」の使い道は、下記のとおりです。
 ・市内の福祉施設への助成
 ・市内のふれあいサロンへの助成
 ・社会福祉協議会の配食・会食サービスへ助成
(2)要援護世帯の中学校卒業生徒への激励金贈呈
→お問い合わせ
 〒969-1151 福島県本宮市本宮字千代田60番地1
 (本宮市民元気いきいき応援プラザ「えぽか」2F)
 社会福祉法人 福島県共同募金会 本宮市共同募金委員会
 TEL(0243)33-2006 FAX(0243)33-5260
 
 
 
 
  




 社会福祉法人 本宮市社会福祉協議会

  〒969-1126 福島県本宮市本宮字千代田60番地1
  TEL(0243)33-2006 / FAX(0243)33-5260
  Copyright(C) Motomiya City Council of Social Welfare. All Right Reserved.

リンク集
情報公開・資料集
個人情報保護
サイトの利用について
inserted by FC2 system